NEXION RECRUIT INFORMATION

NEXION Cross Talk 先輩社員座談会

スポーツやイベントなどのライブ映像伝送において高い通信技術を持ち、
業界からの信頼が厚いネクシオン。
若手社員3名に、その魅力や風土・環境について聞いてみました。

森 一生

2017年入社
技術本部
フィールドサービスグループ
フィールドサービス担当

狩野貴亮

2016年入社
営業本部 営業グループ 営業担当

上原文平

2016年入社
技術本部 東京ネットワークグループ
運用担当

ネクシオンを選んだ理由

ネクシオンへの入社の背景を教えてください。

以前は東京のキー局でアシスタントディレクターをしていました。ネクシオンは、その頃担当していた業務で、国内外から送られてくるスポーツ映像の最後にネクシオンのカラーバーを見かけることが多く、印象に残っていました。それまでの経験が活かせるうえ、好きで飛びこんだ映像関連の業界で仕事がし続けられることに魅力を感じ、採用試験に応募して今日に至ります。

私は、小規模の広告関連の会社で社会人生活をスタートさせました。しかし少人数だったせいかかなりのハードワークで・・・。転職を考え、ネクシオンに縁があり面接をしていただいたのですが、いわゆる放送の業界に対して持っていた「ギラギラしたイメージ」が全然なく、面接も穏やかな雰囲気の中で進みました。そんな、会社や人の雰囲気が気に入り、入社を希望するようになりました。

お二人とは違って、私は携帯電話のショップに勤めていました。一通りの業務をこなし、店長まで経験することもできたのですが、何かを生み出すような仕事で自分の幅を広げていきたい、という気持ちを持っていました。そんな時に転職活動で出会ったのがネクシオンで、私はスポーツが好きなので仕事の一環としてスポーツの現場にいられる仕事に魅力を感じました。この仕事なら長く続けていける、と思い入社を決めました。

担当している仕事と、そのやりがい

今、ご担当されているお仕事について教えてください。

それじゃ、このページを読んでいる皆さんにわかりやすいように、仕事の流れに沿って営業の狩野君から説明していこうか。

そうですね、わかりました。
私の仕事は営業として、映像伝送の案件を獲得してくることです。まずは、お客様である放送局や制作プロダクション、その他映像を配信・伝送したい企業のニーズをお伺いします。いつ、どのような映像をどこからどこまで伝送したいのかといった情報をお聞きし、最も適した伝送方法を技術スタッフに相談しながら考案します。伝送方法が決まったら、慎重に価格を検討して提案し、価格や条件についてお客様と交渉をします。受注してからは、現場の下見日程の調整といったような、お客様と自社技術スタッフの間の細かな調整・確認も行います。当日は、現地に足を運ぶこともなくはないですが、家で自分が手掛けた映像コンテンツが無事に放送されているのを確認し、安心とともにやりがいをかみしめることが多いですね。

狩野君、もっと現場に来てくれたっていいんだよ(笑)。
狩野君が段取りを終えたら、撮影当日は私たちの出番です。例えば、プロ野球の中継などでは、テレビ局が球場に何台ものカメラを設置し、撮影された映像は中継車でテレビ局のディレクターがスイッチングをしたりしながら、編集・制作を行います。私たちは、その隣などに機材を搭載した車を持ち込み、中継車から映像データを引き継ぎ、光信号に変換して当社の東京回線センターに伝送します。撮影が終了するまで、無事にデータが伝送されるのを監視し、万が一のトラブルの際には現場で対処するのが役割です。回線センターにデータが伝送されてからは、上原さんの出番ですね。

そうだね。
私たちが提供している回線には2種類あって、1社が専用で使い続ける専用線と、いろいろな会社(やコンテンツ)が相のりしている随時線というのがあります。私は主に、随時線の方の伝送-現場から回線センターに来たデータを、こちらからテレビ局に送る-に関して、接続状況の監視、障害時の復旧、トラブルの原因を究明してお客様へ報告、また回線の全体的な監視や保守などを担当しています。

やりがいと言えば、やはりプロ野球の人気カードなどの中継に関わることも少なくないので、それを家族や知り合いに「今、そこの現場にいるよ」などと言えることは、うちの人間ならみんな理解できるやりがいですよね。
あと、スポーツやライブなどは感動を伝えるものですから、そこに自分が関われている、ということも、誇れるところですね。

そうだね。私の場合は、結構海外の案件に携われる機会が多いのがやりがいのひとつ。その中の案件、かつて所属していた局にとってスポーツ番組の看板のひとつといっていいものに関わったんだけど、かつての同僚とまた違った形で一緒に仕事をする機会もある。実は先日、あるプロデューサーから「ネクシオンの伝送は私たちの命綱みたいなもの。ネクシオンあっての海外ロケだ」くらいに評価されて・・・同じ会社にいたころは、そんなことは一度も言われたことがないんだけど、嬉しかったし、誇らしかったな。

(トラブルが)何も起こらなくてあたり前、という世界ですから、それを支えていることを評価されるのはやりがいになりますよね。

ネクシオンの環境・雰囲気

ネクシオンの人や、環境や、会社の雰囲気などについて教えてください。

先に申し上げた通り、もっと「ギラギラした人や雰囲気」なのかと思っていましたが、穏やかで落ち着いた雰囲気ですよね、人も環境も。

私など、放送の現場を経験していたので、面接で「怒鳴る人って多いですか?」って聞いたくらい。

ははは。そうだったんですか。

確かに、局側は緊張感の高い場面が多いですもんね。

私の考えでは、人も会社も技術力が高くて経験豊富なので、たとえトラブルが起きても絶対に対応できる自信や余裕があるから、ピリピリしないんだと思う。

上司や先輩方は、惜しみなく技術や知識を教えてくれますしね。

研修とか、学びのための資料購入とか、そう言うものに対する会社のサポートも厚いよね。

技術スタッフが万全なので、私も案件をこなすことでどんどん知識をつけることができました。まだまだ、学ばなければいけないことは多いですが・・・
あとは、規模の大きくない会社ならではの小回りの良さを活かして、他社では手掛けないような地方の小さな会場の案件などでも、きっちり情熱を持って対応しますよね。何というか、スポーツやイベントの感動みたいなものを大切に考えているというか。
難しい案件を獲得して、技術の人に相談すると時には難色を示されることもありますが、いったん「やる」となったら、それはもうきっちりと取り組んでくださいます。

前の職場では、売上など業績が最優先だったから、ミスなどにかなり不寛容な状態でした。もちろん今だってミスは許容されるわけではありませんが、ミスをしても怒るよりフォローする、というスタンスなのがいいですよね。

半期に一度、アクションプラン会議という場で良い仕事をした人が表彰される機会があるんだけど、先日そこで努力賞をもらいました。こんなところも、モチベーションアップにつながるよね。

今後の展望など

今後の目標などあれば、お聞かせください。

この事業や仕事って、ベースに信頼があってこそ成り立っていると思います。そういう意味では、ネクシオンという会社への信頼に加えて、「上原と一緒に仕事をしたい」と言われるような、個人に対する信頼も勝ち得ていきたいです。
トラブルがあった際の事後の原因究明と対策の報告は、客観性や論理性が必要不可欠ですが、そんな時でも「上原が言うなら間違いないだろう」と言われるくらいになれたら、いいですね。

営業としては、『調整力』が重要な要素のひとつです。そこで、それこそ自分の存在感を感じないくらいに自然に、調整ができているような力を身につけている状態をまずは目指したいです。お客様も、技術スタッフも、気持ちよく仕事ができるような調整上手になりたいです。
また、映像・コンテンツ業界はOTT事業者などの台頭により変化の激しい時代を迎えていますので、既存の映像伝送の枠にとらわれない、お客様の今のニーズに合ったご提案ができるようになりたいと思っています。

伝送の現場は楽しいですが、現場以外の業務にも興味があります。自分は、ものごとの良いところを見つけて伝えるのは得意だと思っていますので、今後入ってくる後輩たちに、仕事の魅力や技術を伝えて、会社全体の戦力がUPするような貢献をしていきたいです。